診療科・部門

化学療法室

すべてのがん治療において、薬物投与による治療は重要な位置を占めています。現在の化学療法は、内科領域だけでなく外科領域においても手術に匹敵する効果を示す可能性が期待されています。当院では、外来化学療法室を中心に設備やスタッフが充実した環境で治療を行っています。外来診療の片手間に行うのではなく、一つの部門として独立し、専門資格を有した薬剤師や看護師が中心となり、常に患者さんの安全を第一に考えています。

近年、抗がん剤の種類は我々医師の知識が追い付かないほど増え続けており、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬等の新薬も続々認可されています。今後、ますます複雑化することが想定される状況において、多職種チームによって医師だけでは目が届かない点をサポートしていくため、化学療法室はフル稼働しています。

                               化学療法室長 外科 岩永孝雄