病院概要

各種方針

無輸血治療を希望される患者さんへ

当院では、宗教的理由による輸血拒否に対し、「相対的無輸血 」の方針に基づき、以下の通り対応いたします。

基本方針

  1. 無輸血による治療に最善の努力を行いますが、救命手段として輸血が回避できない場合には、輸血治療を行ういわゆる「相対的無輸血」の方針をとります。
  2. 治療に際しては、患者および家族などの関係者にこの基本方針について十分な説明を行いますが、最終的に同意が得られず治療に時間的余裕がある場合は、他の医療機関での診療をお勧めします。
  3. 救急搬送時や入院中の症状の急変など時間的猶予のない緊急時においては救命を最優先とし、相対的無輸血の方針による治療を患者および家族などの関係者の意思に関わりなく実施します。
  4. 「免責証明書」など絶対的無輸血治療に同意する文書等には署名いたしません。
  • 絶対的無輸血
    患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場、考え方
  • 相対的無輸血
    患者さんの意思を尊重し、可能な限り無輸血治療に努めるが、輸血以外に救命手段がない事態に至ったときには輸血を行うという立場、考え方