診療科・部門

眼 科

視覚は、人間の五感の中で非常に重要な位置を占めています。そのため、当科では健康で良好な視力を維持するために最善の診療を提供することに注力しています。あらゆる眼科疾患に対して診療を行い、地域の皆様の期待に応えるために中核病院としての責務を果たすことを目指しています。
外来診療は、月曜日から金曜日の午前中です。予約制ですが、病状に変化のある方や緊急の場合は、予約なしでも診察しています。初診の方も事前に予約を取ることができます。午後は、特殊検査(蛍光造影眼底検査、斜視検査、視野検査など)や術前のインフォームドコンセント、レーザー治療、硝子体注射などを行っており、完全予約制です。また小児の斜視外来を第4月曜の午後と第2木曜の午前に行っています。
手術は、月曜午後、火曜終日、木曜午後に行いますが、外傷などの急患には、随時対応しています。網膜疾患は、侵襲が少ない小切開硝子体手術を用いています。白内障手術は、日帰りまたは入院で行うことができます。また、緑内障、斜視、眼瞼疾患(眼瞼下垂、内反症)、結膜疾患(翼状片、結膜弛緩)なども手術が可能です。

主な診療内容・対象疾患

網膜硝子体疾患
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑前膜)に対する硝子体手術、レーザー治療を行います。
ブドウ膜炎
ブドウ膜炎の原因検索のため、採血などの全身検査を行います。その後、原因に合わせて点眼、内服などの治療や入院での点滴加療を行います。
加齢黄斑変性や網膜虚血性疾患
硝子体注射やレーザー治療を行います。
白内障
通常の加齢性白内障や難症例の白内障の手術を行います。全身麻酔が必要な症例にも対応します。
緑内障
点眼による薬物療法を行います。進行した症例では、低侵襲緑内障手術や線維柱帯切除術を行います。
角結膜疾患
円錐角膜に対するコンタクト処方、角膜潰瘍、結膜炎などの感染症の点眼加療、結膜腫瘍や翼状片などの手術を行います。
眼瞼疾患
眼瞼下垂や眼瞼内反症、眼瞼の腫瘍やものもらいの手術を行います。
小児眼科
弱視、斜視に対して眼鏡処方や弱視訓練、斜視手術を行います。未熟児網膜症の眼底検査も行っています。
神経眼科
視神経炎の検査や加療を脳神経内科と連携しながら行っています。また、眼球運動障害による複視(だぶってみえる)の精査も行います。
ロービジョン
視力が低下することで、日常生活にお困りのことがある場合には、ご相談ください。遮光眼鏡や拡大鏡の処方を行います。

外来担当医表

 
午前
(初診・再診)
[完全予約制]
@am
小澤摩記
大学医師小澤摩記
今野信太郎小澤摩記
築留英之築留英之小澤(第1・3・5週)
築留(2週)
若松(4週)
築留英之
(第1・3週)
若松泰子若松泰子若松泰子
小児斜視外来 第4
13:30~15:30
 第2
9:00~10:30
午後
@pm
手術手術特殊検査手術特殊検査
※原則、予約制です。初診の方も予約ができますので、お電話でお問い合わせください。
※月曜日、火曜日、木曜日の午前診療は11:00までの受付になります。

医師紹介

氏名 小澤 摩記部長
専門領域 眼科一般・網膜硝子体疾患
資格等 日本眼科学会認定眼科専門医
PDT認定医
補装具適合判定研修修了
臨床研修指導医講習修了

氏名 築留 英之部長
専門領域 眼科一般・小児眼科、斜視
資格等 日本眼科学会認定眼科専門医

氏名 若松 泰子医長
専門領域 眼科一般
資格等 日本眼科学会認定眼科専門医

氏名 太田 晶子医長
専門領域 眼科一般
資格等