診療科・部門

健診センター

健診イメージ

健康診断の最大の目的は、病気にならないようにする、あるいは病気になっても早期に治療して完全に治すことにあります。高血圧、糖尿病、動脈硬化などは、生活習慣の改善により予防したり進行を抑えることができますし、「がん」であれば早期発見により完全に治すことが可能です。
当センターでは、生活習慣病の予防とがんの早期発見を最大の目的として、受診者の皆様の大切なご健康をお守り致します。

主な業務内容

受診者の年齢や性別などを考慮した健康診断を行います。

健康診断のたくさんの検査項目の中から、受診者の年齢や性別などを考慮して最も必要な検査を厳選して実施します。

がんの早期発見に努めます。

肺がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がんの五大がんでは、早期がんで発見すれば90%以上(肺がんでは80%以上)治ります。当センターでは、五大がんおよび前立腺がんに対して、早期がんをより確実に見つけられる方法で検査します。

生活習慣病予防のための栄養指導に力を入れます。

生活習慣病の予防や改善には、毎日栄養バランスを考えた食事を摂り、適度な運動をすることが大切です。当センターでは専任の管理栄養士を配置して、栄養指導や生活改善に力を入れます。

健診センターについて

  • 毎日二診体制を敷き、うち一診は女性医師が担当しますので、女性でも安心してお受けいただくことができます。
  • CTによる肺がん検診の普及を図るため、価格を従来の半額にし、放射線科専門医が読影します。
  • 胃内視鏡による胃がん検診を受けやすくするため、専任の医師を配置し検査枠を増やしました。
  • 乳がん検診では、女性医師が視触診を、女性技師が検査を行います。マンモグラフィ検査は断層撮影も可能な最新の装置を用いて行います。
  • 子宮がん検診の精度を高めるため、通常の内診や細胞診に加えてエコー検査を併用します。
  • 骨密度の測定には、最も信頼性の高い腰椎測定による最新の装置を用います。
  • 脳ドックは、専門医がMRIや頚動脈エコー検査、認知機能テスト等などを行って総合的に判定致します。

人間ドックのご案内

桑名市総合医療センターでは、日帰り人間ドック健診を行っています。
生活習慣病やがんなど様々な病気の予防および早期発見に努めています。

一般的な検査(血液検査、尿検査、胸部X線、心電図、胃内視鏡検査等)に加え、疾患別に 各種オプション検査 もご用意しておりますので、是非一度ご相談ください。
また、健診センター専用の診察室、待合室を設けており、ゆったりと健診を受けていただけます。各検査には専門の医師または技師が対応いたします。

医師による問診、診察および結果説明の時間ももうけておりますので、日頃、健康について不安を感じていることがございましたら、お気軽にご相談ください。

健診日時 : 毎週月~金曜日

検査の流れ(半日コース)

  • 受付
  • 身体測定
    尿検査 身体計測、血圧、視力、聴力検査を行います。
  • 問診
    医師による問診、内科的診察を行います。
  • 各種検査
    胸部X線、心電図、胃内視鏡又は胃部X線、腹部超音波、肺機能検査等にご案内いたします。
  • 結果説明
    検査終了後、受診当日の結果説明をご希望の方へ医師より結果説明を行います。(待ち時間が1時間~1時間半ほどかかる場合があります。)
  • 昼食サービス
    桑名シティホテルのご昼食券をお渡しします。
  • 検査結果表送付
    約1ヵ月後に検査結果表をご自宅に郵送いたします。

人間ドック・オプション検査の利用料金のご案内

基本コース

1日人間ドック  28,480円(税込)

主な検査項目
  • 診察 身体測定
  • 聴力 視力 眼圧 眼底   尿検査(尿沈渣を含む)
  • 便潜血
  • 血液検査(赤血球、白血球、血小板、肝機能、腎機能、脂質、糖尿病を含む)
  • 心電図 肺機能検査
  • 胸部X線 胃部検査(胃内視鏡又は胃部X線)
  • 腹部超音波 等
オプション
オプション検査(税込) 検査項目
脳ドック検診
(人間ドック併用の場合)
21,600円 頭部MRI/MRA 頚動脈超音波
認知機能テスト 眼底カメラ等
肺がん検診 5,400円 胸部CT撮影
子宮がん検診 8,100円 子宮頚部細胞診 子宮体部細胞診
経膣エコー検査 内診
子宮頸がん検診 4,320円 子宮頚部細胞診 経膣エコー検査 内診
子宮体がん検診 4,320円 子宮体部細胞診 経膣エコー検査 内診
乳がん検診① 4,320円 乳房視触診 マンモグラフィ
乳がん検診② 4,320円 乳房視触診 乳腺エコー検査
前立腺がん検診 1,520円 血液検査(PSA)
動脈硬化検診 6,480円 ABI/CAVI 頚動脈超音波
栄養相談 2,160円 管理栄養士による栄養相談

ご予約について

予約方法

完全予約制。2階健診センター窓口または、お電話にて予約申し込みを行ってください。

受付日時

月曜日~金曜日  午後1時から午後4時まで
TEL:0594-22-2831
FAX:0594-22-1303(健診センター直通)

注意事項

受診前

受診日決定後、ご自宅に問診表・便容器等を郵送いたしますので、必要事項をご記入の上、受診当日持参してください。やむを得ずご予約日の変更・取り消しをする場合は、お電話にて早めにご連絡をお願いします。
受診前日の夕食は、午後9時ごろまでにアルコール類を避けて消化の良いものを食べてください。 受診当日の朝は、絶食・絶飲です。タバコもご遠慮ください。

受診中

薬物過敏のある方はお申し出下さい。コンタクトレンズ・貴金属類は外してください。
検査途中で気分が悪くなった方は、速やかにスタッフにお申し出下さい。

オプション検査

脳ドック検診

高齢化により、脳卒中や認知症の方が増えています。
脳の疾患は、無症状のまま進行することが少なくありません。
症状が現れる前に、脳の病変や危険因子を発見し、脳の健康を維持しましょう。

肺がん検診

肺がんは、日本人のがんによる死亡数のトップになっています。
CT装置による肺がんの検出率はレントゲン写真より10倍ほど高く、5mmほどの小さな超早期の肺がんでも見つけることができます。
肺がんだけでなく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や結核などの病気も発見することができます。
また、冠状動脈の石灰化を検出して、心筋梗塞や狭心症の早期発見が可能になります。
喫煙者の方はもちろん、そうでない方も、50歳を過ぎたら年に1度は肺がんCT検診をお受け下さい。

乳がん検診

日本人女性の12人に1人が乳がんにかかると言われています。
早期発見・早期治療のため、当センターでは最新鋭のマンモグラフィ装置を用い、より精度の高い検診を目指します。
※40歳未満の人はエコー検診を、40歳以上の方はマンモグラフィ検診とエコー検診を1年ごとに交互受診することをお奨めします。

子宮がん検診

子宮にできるがんは、子宮の入り口に発生する「子宮頸部がん」と子宮の内腔に発生する「子宮体部がん」の2種類があります。
※50歳以下の方は子宮頸がん検診をお奨めします。
※50歳以上の方は、子宮頸がん検診と子宮体がん検診を併用されることをお奨めします。

動脈硬化検診

動脈硬化検診では頚動脈の硬さを測定し、血管が細くなっていないなどの検査をします。
特に、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの方は、自覚症状のないまま動脈硬化が進み血管が細くなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。これらの検査でチェックしてみてください。

前立腺がん検査

前立腺がんは、50歳代後半から多くなるがんです。進行がゆっくりなので、早期発見すれば、有効な治療が可能です。
検査は採血のみ!
50歳以上の男性は、前立腺がん検診(PSA検査)を受けましょう!
※ご家族に前立腺がんになられた方がいらっしゃる場合は、45歳からお受けになることをお奨めします。

骨密度検査

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶けだしてスカスカになり、骨折しやすくなる病気です。
高齢者・閉経後の女性に多い病気ですが、最近はカルシウム不足等により若い方も増えています。定期的な骨量の測定をお勧めします。
検査方法は、測定機器に横になり約5分の撮影で検査が終了します。

最後に…

生活習慣病は、文字通り生活習慣の是正によって予防、改善することができます。また、がんは早期発見、早期治療が大原則です。

多くの検診項目がございますが、これらの検査でご自分の健康状態を把握し、病気の予防に役立てていただければ幸いです。

改修期間中はご迷惑をおかけいたします。

医師紹介

竹田 寬

氏名 竹田 寬理事長
専門領域 放射線科,画像診断
資格等 日本医学放射線学会放射線科診断専門医,日本核医学会専門医、PET核医学認定医,マンモグラフィ読影認定医
写真

氏名 馬場 美香部長
専門領域 内科,腎臓内科
資格等 日本内科学会認定内科医,日本腎臓学会認定腎臓専門医,日本透析医学会認定専門医,医学博士
泉 恭代

氏名 泉 恭代部長
専門領域 内科,消化器科
資格等 日本内科学会認定総合内科専門医,日本消化器病学会認定消化器病専門医,日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医,人間ドック健診情報管理指導士,日本人間ドック学会認定医