診療科・部門

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、5感と呼ばれる感覚機能のうち、聴く(聴覚)、匂いを嗅ぐ(嗅覚)、味わう(味覚)の3感と、バランス感覚(平衡覚)を担当しています。また部位は「耳」・「鼻」・「のど」だけでなく、首より上の脳、眼、歯を除いた広い範囲を担当しています。

新病院では非常勤医師のみの診療体制となりますが、一般的な耳鼻咽喉科疾患の検査(聴力検査、ABR、味覚検査、ファイバースコープを用いた検査など)や、エコー、CT、MRIなどの画像検査、睡眠時無呼吸症候群のポリソムノグラフィー検査などを行います。治療は保存的治療が中心ですが、外来で行える処置、小手術に対応致します。入院や手術が必要な場合には、他施設と連携を取り御紹介致します。

主な診療内容・対象疾患

耳疾患

  • 外耳炎
  • 急性および慢性中耳炎
  • 滲出性中耳炎
  • 難聴(突発性難聴、老人性難聴など)
  • 外耳道異物 など。

鼻疾患

  • アレルギー性鼻炎
  • 急性および慢性副鼻腔炎
  • 鼻出血
  • 嗅覚障害
  • 鼻骨骨折 など。

口腔咽頭・喉頭疾患

  • 急性感染症
  • 味覚障害
  • 口内炎
  • 腫瘍 など。

手術・入院が必要な場合は他施設に紹介

頸部疾患

  • 甲状腺腫瘍
  • 慢性甲状腺炎
  • 唾液腺腫瘍 
  • 唾石症 
  • 頸部リンパ節腫脹 など。

その他

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • めまい
  • 顔面神経麻痺 など。

外来担当医表

 
午前@am荻原仁美平田典子荻原仁美荻原仁美平田典子
荻原仁美
大学医師
(交代)