広報ブログ

こちら広報室ゆめ子が行く!

南医療センターの検査室にお邪魔しました

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

今日は、南医療センターの検査室でエコーの練習をしていると聞いて見学に行ってきました。

南医療センターの検査室では午前診察終了後から午後診察開始までの間などを利用して検査の練習をしています。

 
kensa

南医療センターの院長先生がモデルとなって、首(頸動脈)のエコーの練習をしていましたよ。
先輩や院長先生からのアドバイスを受けながら真剣に練習していました。

 

 

 

ennsa1

この日練習していた臨床検査技師さんは「些細な変化も見逃さない技師になれるようこれからも技術向上を目指して頑張ります」とお話してくれました。

今度お邪魔したときは私のエコーもとってくださいね。

 

 

緑のカーテン観察日記vol.2

こんにちは。桑名市総合医療センターで広報を担当しているゆめ子です。

今日は、南医療センターの緑のカーテンの様子を見に行ってきました。
緑のカーテンを見ると、朝顔が綺麗に咲いていました。

 midori3 midori2  midori1 

そしてついに、ゴーヤを収穫する日がやってきました。

最初の一本目は、桑名南医療センターの院長先生が収穫してくれました。

midori4   midori5

託児所の子供たちも来てくれて、収穫のお手伝いをしてくれました。
みんな楽しそうに収穫していましたよ。

midori6

収穫されたゴーヤは早速カレー炒めにしてお昼に提供されました。

midori7

メッセージカードには職員が折った朝顔の折り紙が添えられていました。

休憩時間を利用して作ったそうです。

 

 

 

 

 

緑のカーテン観察日記 vol.1

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

今日は、南医療センターの緑のカーテンの様子を見に行って見ました。
6月30日に見に行きましたが、緑のカーテンの成長に驚きました。

06301

6月30日の様子

 
 
みどり1

7月27日の様子

まだ、日差しをさえぎるには小さいですが、ゴーヤには花が咲いて、小さな実もできていました。

 緑2 緑3 

これからも成長が楽しみです‼

 

ドイツから学生が研修に来ています

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

ドイツのフライブルク・カトリック大学から看護学を学んでいる学生が、桑名市総合医療センターの専門分野の役割や看護ケアを学ぶために研修に来ました。

研修生は、5日間の研修期間に東・西・南の各医療センターを回り、病棟で働く看護師の実践現場などを見学し、日本の医療制度を学びました。

photo(14)_Internship

最後の研修の日には、研修生が桑名市総合医療センターでの研修を振り返り、
「日本の医療保険制度や、看護師の役割など違いを知ることができ、とてもいい経験になった。」と話していました。

桑名市総合医療センターは、6月20日から7月23日までの合わせて4名の学生を受け入れます。

緑のカーテン始めました

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

今日は南医療センターの取り組みをご紹介します。

南医療センターはM-EMS((ミームス)三重県環境マネジメントシステム)の認証を受けており、その取り組みの一環として今年は緑のカーテンに挑戦しています。

緑のカーテンとは、つる性の植物を窓の外に這わせて栽培することで、直射日光を和らげて室温の上昇を抑える手法のことです。今回はゴーヤ、インゲン豆、朝顔、フウセンカズラの4種類を栽培しています。

06301  06302 

残念ながら今回は職員以外立ち入り禁止の場所で栽培されているので、このブログで随時成長をお知らせしますね。

ICTラウンドに参加しました。

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

6月17日に、南医療センターのICTラウンドに参加しました。
ICTとは、インフェクションコントロールチーム(Infection Control Team)の略で感染対策チームという意味です。

現場の感染管理がしっかりされているのか、医師や看護師だけではなく、薬剤師、臨床検査技師、事務職員など様々な職種が集まり、それぞれの視点から毎週ラウンド(見回り)をしています。

ブログ4

今回は、東医療センターの感染管理認定看護師も参加し、手術室やカテーテル検査室のラウンドをしました。

認定看護師の視点から、病院を感染から守るアドバイスを受け、患者さんが安心して受診出来る病院づくりを心掛けています。

生命の駅伝がスタートしました。

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

6月8日、東医療センターで『生命の駅伝』の出発式を行いました。出発式では、東、西、南医療センターと市役所に設置していた募金箱がランナー28人に手渡されました。

『生命の駅伝』は、6月8日から17日にかけて県内各地や和歌山県新宮市を走ります。

burogu

『生命の駅伝』は、がん研究の重要性を伝え、その研究を支援するための募金活動を目的に「EKIDEN for LIFE(生命の駅伝)の会」が主催し、今年で22回目の開催を迎えました。
出発式後、ランナーは朝日町、川越町、四日市でも募金箱を回収しながら、鈴鹿市までの38キロを走ります。

当センターからは2人が参加し、四日市市まで走りました。
burogu2

ランナーの中には、愛知県から参加されている方もいらっしゃいました。「自分が好きな走ることで、ボランティア活動が出来たのでとても嬉しい。」と笑顔で話していました。

IMG_3332

当センターは、これからも活動を応援していきます‼

竹田理事長が講演を行いました

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

6月3日、竹田理事長が講演を行ないました。
主催は桑名商工会議所の女性部です。当日は約40名の方が参加されました。

講演会の内容は、新しい病院での取り組みとがん検診についてです。
新病院では、どのような病院を目指すのか。
また、検診については、どのような検査を受けたら早期にがんを発見できるのかなど、1時間程お話ししました。

11111

私もお話しを聞かせて頂きましたが、今では男性が2人に1人、女性が3人に1人はがんになる世の中だそうです。
桑名東医療センターの健診センターでは、人間ドッグ、特定健康診査などさまざまな検診を行っています。
毎日女性医師の診察がありますので、女性の医師を希望される方にも安心してご利用いただけます。遠慮なくお申し出ください。

健診のご予約やお問い合わせなどは、電話:(0594)22-2831までご連絡ください。

中日新聞に紹介されました。

こんにちは。 桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

5月25日の中日新聞の三重版に、伊勢志摩サミット記念の行事食の記事が掲載されました。

11

5月25日(水) 中日新聞 三重版

掲載された、行事食は5月27日の昼に患者様へお出しします。 

管理栄養室では、病院の食事への新しい取り組みをしています。
詳しくは、当センター広報誌「News vol.44号」に掲載していますので
是非ご覧下さい!!

防災訓練を行いました

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。

桑名西医療センターで、防災訓練を行いました。
桑名西医療センターでは年に2回このような防災訓練を行っています。
ブログ3

今回の訓練は、消火器や消火散水栓の使用方法を学びました。
ブログ1

防災訓練をすることで、1人1人がしっかり初期消火できるようにしています。