広報ブログ

医師コラムvol.6

C型慢性肝炎は治る時代になりました

IMG_8234

桑名西医療センター 内科部長 石田医師

 

 

 

 

 

 

 近年、治療効果の高い新しい抗ウイルス薬が相次いで登場しています。ウイルスに直接(Direct)的に作用(Acting)する抗ウイルス薬(Antivirals)の頭文字をとってDAAと呼ばれています。DAAの登場で36か月の内服治療で95%以上の患者さんは完治できるようになりました。
 
C型慢性肝炎は慢性肝障害の原因として最も多い病気です。感染者は国内に約150万〜200万人いると言われています。進行すると肝硬変を経て肝臓癌になる危険が高く、日本人の肝臓癌の約65%C型肝炎由来です。C型肝炎ウイルスは1989年(平成元年)に存在が証明されて以降、インターフェロン注射を中心とした治療が行われてきました。しかし、日本人に多い遺伝子型1bC型肝炎は治療効果が低く、インターフェロン治療で治らなかった方や、副作用で治療を中断された方も多数おられます。DAA治療はこれらの方も同様に完治できることが報告されています。「以前インターフェロンで治らなかった」とあきらめていないで、ぜひ新しい抗ウイルス薬内服による再治療を考えられてはいかがでしょうか。
 ただし、内服前に検討しなくてはならないことがいくつかあります。C型肝炎ウイルスの遺伝子型で内服するDAAは異なります。

そのほかに、
①肝硬変が進みすぎている人には使えないこと 
②腎機能の程度 
③持病で薬を内服中の方は飲み合わせ
④耐性ウイルスの有無等が内服前に検討すべき点です。

 かかりつけの先生を通じ、専門医のいる医療機関へ御紹介いただき、DAA内服治療を検討されることをお勧めします。