診療科・部門

心臓血管外科・呼吸器外科

私たちは心臓、大血管、末梢血管、静脈などの循環器系疾患及び、肺、縦隔などの呼吸器系疾患に対して、外科的治療(手術)を主に行う科です。今までは末梢血管、呼吸器系疾患を中心に手術を行っていましたが、新たに心臓大血管手術も行います。

基本方針として、関連する内科系医師はもちろんのこと、麻酔科医、看護師、薬剤師、臨床工学士、リハビリ技師、栄養士など多職種のスタッフとともに、チームで患者さんにとって最良の治療法を選択し、ご家族の方々も含め、常に納得の得られる医療を提供していくことをお約束します。
また、地域開業医などかかりつけ医との連携も密接に行い、術前術後の定期受診などしっかりとした計画の上で、治療方針を決めていきます。

私たちは低侵襲かつ高精度な手術を常に心がけております。少しでも患者さんへの負担を少なくできる術式を検討し、厳密な手術適応、わかりやすい治療内容の説明など患者さんに寄り添った治療を行っていきます。

主な診療内容・対象疾患

心臓血管外科部門

虚血性心疾患

狭心症、心筋梗塞は虚血性心疾患と総称します。これらの疾患への私たちの主な治療法は冠動脈バイパス術です。
心臓の手術を行う時は心臓の代用となる人工心肺(=ポンプ)を使用することが多いのですが、この冠動脈バイパス術ではこの人工心肺を使用せずに、また患者さんの心臓が拍動したままで行う非人工心肺使用下心拍動下冠動脈バイパス術=オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)を中心に行います。人工心肺を使用しないことでより低侵襲に手術を行うことが可能です。通常術後約2週間での退院が可能となります。
患者さんの心臓機能がより悪い場合は、この人工心肺を使用した上で冠動脈バイパス術を行うこともあります。

心臓弁膜症

心臓を通る血液の流れは一方通行でないといけません。そのため心臓には4種類の逆流防止弁があります。それらの弁が硬くなり、動きが悪くなった場合を狭窄症と言います。
また、何らかの原因で弁の閉鎖が悪くなり、逆流が生じた状態を閉鎖不全症と言います。
私たちが主に行うのは、正常な動きでなくなった弁を人工の弁に取り換える弁置換術と患者さんの自己弁を温存し、より元に近い状態に戻す弁形成術があります。
弁膜症はなかなか症状が出にくく、また一旦症状が出だすと急速に悪化する傾向があります。この状態を急性心不全といいます。早期発見・早期治療を行うことで術後の経過は非常に楽なものになります。術前の状態にもよりますが、通常は術後2~3週間での退院となります。
弁膜症に伴って、しばしば心房細動という不整脈が出現します。これに対してはMAZE手術という不整脈を治す手術も併せて行います。心房細動は心臓内に血栓を作りやすい状態で、延いては脳梗塞の原因となります。できる限り不整脈を防止することで、その後の生活の質の向上につながります。

大動脈瘤

心臓から出る大血管を大動脈と言います。正常は直径2㎝程の血管ですが、時として直径5㎝を超える大きさまで膨れ上がることがあります。大きくなればなるほど破裂の危険性が増し、破裂すると生命の危機に陥ります。大動脈の部位によって胸部、腹部など名前が付きますが、総じて(真性)大動脈瘤と呼びます。
また、大動脈の壁は3層からなるのですが、それがちょうど真ん中の層辺りで裂けてしまった解離性大動脈瘤があります。なかでも前触れもなく突然発症する急性大動脈解離の場合は、その後の短期間の経過中に破裂することが多く、緊急手術の対象となります。
これらの疾患に対しては、異常をきたした血管を人工血管に取り換える、人工血管置換術を行います。

末梢血管疾患

下肢の動脈が動脈硬化にて狭窄、閉塞し、歩行するにつれ血流不足となり疼痛が出現したり、安静時でも足が冷たく感じたり、足の指先から皮膚が壊死、潰瘍化してくる病気を閉塞性動脈硬化症と言います。私たちが主に行うのは、人工血管や自家静脈でバイパスを行う下肢動脈血行再建術です。循環器内科が行う血管内治療も含めて最適な治療法を選択します。病変が多岐に亘る場合などは、循環器内科と分担して治療を行うハイブリッド治療も行います。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤に対するストリッピング術・高位結紮術、静脈瘤切除術。下肢静脈瘤に対しては2018年よりカテーテルを用いた高周波による血管内焼灼治療を導入します。

ブラッドアクセス手術(血液透析用シャント作成)

腎臓内科と共同で人工透析のための内シャントの作成、合併症の処置等を行っています。

呼吸器外科部門

良性呼吸器疾患および悪性肺腫瘍、胸部外傷

自然気胸、巨大肺嚢胞(巨大ブラ)、肺腫瘍(肺がん、肺良性腫瘍、転移性肺腫瘍)、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、胸部外傷などに対して胸腔鏡を用いて定型的な手術を行います。また、胸部外傷や膿胸に対しての手術以外の治療も行っています。

患者さんへ

今まで行ってきました末梢血管や呼吸器系の手術はもちろんですが、『地元桑名で心臓の手術を受けることができる』というこのメリットを、患者さんには最大限に活かせて頂ければ幸いです。
この度新しく誕生したこの病院と共に、新しく生まれ変わった心臓血管外科部門ですが、この地域からさらにその周辺地域への心臓手術の軸となれるよう邁進してまいります。

心臓血管疾患は高血圧、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病と深く関連することは周知の事実だと思います。そういった生活習慣病を早期に改善していくことや、禁煙、運動促進など患者さんの生活環境や生活習慣の改善が特に重要です。
最近疲れやすい、息切れがするなど何か体調に不安がある場合、また他院で心臓が悪いと指摘された場合など気軽に相談して頂ければと思います。

 

外来担当医表

 
午前@am処置湯淺右人
(胸部外科)
処置矢田真希
(心臓血管外科)
【静脈瘤外来】
湯淺右人(再診)
[予約制]
午後@pm【静脈瘤外来】
湯淺右人
[予約制]
【静脈瘤外来】
湯淺右人(再診)
[予約制]

医師紹介

湯淺 右人

氏名 湯淺 右人部長,集中治療室部長
専門領域 成人心臓疾患,大動脈外科,血管外科領域,呼吸器疾患,静脈疾患
資格等 日本胸部外科学会認定医,日本外科学会認定外科専門医・指導医,日本心臓血管外科専門医・修練指導者,日本脈管学会認定脈管専門医,下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医,臨床研修指導医講習修了
 矢田 真希

氏名 矢田 真希部長
専門領域 成人心臓疾患,大血管,末梢血管
資格等 日本外科学会認定外科専門医・指導医,日本心臓血管外科専門医・修練指導医,博士(医学),麻酔科標榜医