診療科・部門

脊椎・脊髄外来

当外来は、予約制で診療を行っています。
外来日:毎週火曜日 午前中(10時~)
担当医:倉石 慶太

主な診療内容・対象疾患

脊椎・脊髄一般

脊椎症、脊柱管狭窄、椎間板ヘルニア、靭帯骨化症、環軸椎亜脱臼、キアリ奇形、脊髄ヘルニア、すべり症、変性側弯症、癒着性くも膜炎、脊髄空洞症、脊髄係留症候群、骨粗鬆症性椎体骨折に対する BKP(バルーン椎体形成術)を行っています。

末梢神経疾患

手根管・足根管症候群などの治療を行っています。

腰痛

MRIではわからない腰痛(全腰痛の85%)の原因を様々なブロック(上殿皮・中殿皮神経、仙腸関節、梨状筋、中殿筋、椎間関節、神経根)を用いて診断、治療しています。

セカンドオピニオン

「手術しかないといわれた」、「手術しても治らなかった」、などの患者さんに対応させていただきます。