診療科・部門

リハビリテーション室

リハビリテーション室

近年、高齢化などの問題で寝たきり予防・自立支援の重要性が高まっております。当センターでは、理学療法士8名、作業療法士3名、言語聴覚士3名の体制で、高齢者の方のみでなく入院や外来の患者様の様々な障害に対し、筋力・可動域・身体機能の改善を目的に、運動療法を中心に行っており、温熱・牽引・低周波などの物理療法による、疼痛の軽減や循環の改善も行っております。また、学会発表・論文投稿などの学術面においても、積極的に参加するようにしております。