診療科・部門

救急科

救急科の重要な役割はER(救急室)で、救急車で来院した患者さんの初期診療を行い、適切な専門診療科や診療施設に診療の橋渡しをすることです。

専任の医師と救急専従の看護スタッフが中心となり、多職種が加わり、各診療科と密接に連携しながら、救急チーム医療を実践しています。

現場や救急車内の救急隊員と直接連絡を取るなど、病院に到着するまでの救急隊の活動にも積極的に関与しています。これを“メディカルコントロール”といいます。

学生、臨床研修医、医療スタッフ、地域の消防スタッフに救急研修の場を提供し、救急医療の担い手に対する幅広い人材育成に努めています。

災害医療にも取り組み、災害拠点病院を目指します。

医師紹介

佐々木 俊哉

氏名 佐々木 俊哉部長
専門領域
資格等 日本救急医学会救急科専門医,日本外科学会認定登録医,日本DMAT(災害派遣医療チーム)隊員,桑名医師会参与(救急災害対策担当),
臨床研修協議会プログラム責任者養成講習会タスクフォース,医師の臨床研修に係る指導医講習会タスクフォース,三重大学医学部臨床講師,
ICLS/JPTEC/JATECインストラクター,
AHA‐BLSファカルティー,ACLS/PALSインストラクター