診療科・部門

生化学・血液検査室

生化学検査

生化学検査は血液・尿・体液などに含まれる蛋白・糖・脂質・酵素・ホルモンなどの生化学成分を測定することにより、体の状態を把握することに役立ちます。その測定値はスクリーニングや疾患の診断、治療方針の決定、経過観察などに役立ちます。

血液検査

血液検査は赤血球、白血球、血小板などの数を測定する血球分析、形態学的分析(血液像検査骨髄検査)、凝固・線溶検査を行っています。血球分析や凝固検査は自動分析で測定しています。

輸血検査

輸血とは、血液成分の一部が失われたことによって生じる症状を改善するために体外から血液成分を補うことが目的です。
輸血検査室では、輸血療法の安全性の確保、血液製剤の適正使用、有効利用の推進および副作用の把握と防止の実現に努めています。

主な業務内容

  • 血液・尿中の生化学成分の分析
  • 貧血や白血病などを調べる血球分析
  • 健診センターでの採血業務
  • 自動分析機のメンテナンス・制度管理
  • 自己血糖測定器の指導・解析
  • 血液型・不規則抗体スクリーニング検査・交差適合試験・輸血製剤管理

中央検査室 業務内容