診療科・部門

病理診断科

病理診断とは病変部を顕微鏡標本にして観察し、診断を下すものです。
最も信頼性が高い診断法ですし、治療法の選択や病態の解明にも有用です。特に癌診療では必須です。

病理診断は病理医が行いますが、本院では病理診断科としての外来診療は行っておりません。
病理診断結果にご不明な点があれば、担当医を通じてご照会ください。積極的にお答えします。

我が国では、全国的に病理医は不足しており、本院でも常勤病理医は1名のみです。それを補うため,病理標本をデジタル化するなど、情報化技術(ICT)を利用し県下あるいは全国の病理医とネットワークを組んで質の高い病理診断を行っております。

医師紹介

白石 泰三

氏名 白石 泰三副理事長,部長
専門領域 病理診断,検査医学,細胞診断
資格等 日本病理学会認定病理専門医,日本臨床検査学会認定臨床検査専門医,日本臨床細胞学会細胞診専門医