広報ブログ

医師コラムvol.5

糖尿病について

桑名西医療センター 内科部長
北 川 良 子 医師

 

 

 糖尿病は、比較的皆さんがよく耳にする病気だと思います。「尿」という文字はありますが、尿に関係する病気ではありません。何らかの原因で血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇する病気です。血糖値が高いために、尿の中に糖分がでてくるのです。

 病気の初期ではほとんど自覚症状はありませんが、放置すれば気づかないうちに合併症といわれるさまざまな臓器、器官に障害が発生します。代表的なのは、神経障害、網膜症、腎症といわれるもので、重度な方は失明や腎不全からの透析療法にいたる人もみえます。また、動脈硬化も促進しますので、心筋梗塞や脳梗塞の危険性も糖尿病でない人より高いです。その他、あまざまな症状を誘発します。

 では、どのようにすればこれからの合併症が防げるのでしょうか。

 糖尿病と診断されたら、まず定期的に受診して、血糖値を正常に近い状態にコントロールする必要があります。糖尿病の原因は様々ですが、主に生活習慣特に食生活、運動量に問題があることが多いです。その人の病状によっては、薬物療法、 内服薬やインスリンなどの自己注射などが選択されます。インスリン治療は、自身で作るインスリンが不十分で補充しないといけない人のための治療法です。

 大切なのは、病気になったら早く受診して、なるべく血糖値を正常に近づけるようにしていくことです。たとえ正常化しても、血液検査をしないと現在の状況はわかりませんので、定期的な受診が重要です。

 西医療センターでは、さまざまな医療スタッフが糖尿病について情報提供しています。不安のある人はご相談ください。