広報ブログ

第1回桑名心臓Wet Labo セミナーを開催しました。

こんにちは。桑名市総合医療センターの広報を担当しているゆめ子です。
8月27日に桑名東医療センターで、「第1回桑名心臓Wet Labo セミナー」を開催しました。
Wet Laboとは、主にブタの心臓を使用して実際に心臓の手術と同様の手技を行う研修のことを言います。

当日は、桑名東、西及び南の各医療センターの看護師・臨床工学技士あわせて26名が参加しました。

1-2  1-1 

セミナーでは、カテーテルの手技にも役立つように心臓の解剖を学んだり、大動脈弁や僧房弁の手術手技(弁形成術や弁置換術)を行いました。また動脈吻合の練習や人工心肺の装着の練習なども行いました。

 今後も、このようなスタッフ研修をし、新病院での心臓手術導入に向けてトレーニングを続けていきます。