個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報保護方針

第1章 総 則

(目的)
第1条 この指針は、桑名東医療センター(以下、当院という。)が保有する患者さまや職員等の個人情報の取り扱いについて定めるもので、当院の役職員は、関連する法令ならびにこの指針に従って、個人情報を保護し適切に取り扱わなければならない。

(用語の定義)
第2条 この指針において、個人情報の用語の定義は、次のとおりとする。

  1. 個人情報
    病院の患者さまおよび家族ならびに保証人等、病院の職員および役員等、その他これらに準ずるものに関する情報であって、病院が業務上取得し、または作成したもののうち、特定の個人が識別されるものをいう。
  2. 具体的な内容
    病院が保有している個人情報を記録した文書、画像、写真、フィルム、資料、電子媒体等をいう。

第2章 個人情報管理責任者

(個人情報管理責任者)
第3条

  1. この指針の目的を達成するため、個人情報管理責任者(以下、責任者という。)を置く。
  2. 責任者は当院の病院長が任じることとし、個人情報保護の重要性を認識し、必要な措置を講じるよう努めなければならない。

第3章 個人情報の収集

(収集の目的)
第4条 個人情報の収集は、次に定める目的に限定する。

  1. 患者さま、家族、保証人、患者さまの利害に関係するその他のもの (以下、患者さま等という。) 患者さまに対する医療・介護の提供、医療保険事務、入退院等の病棟管理等、病院業務に必要な事項を確認することを目的とするもの。
  2. 職員および役員 (以下、職員等という。)
    病院に勤務するについて、病院業務に必要な事項を確認することを目的とするもの。
  3. その他
    病院業務との関連性において、病院業務に必要な事項を確認することを目的とするもの。

(収集の制限)
第5条

  1. 個人情報の収集は、病院業務上の目的を明確に定め、その目的の達成に必要な限りにおいて行うものとする。
  2. 個人情報の収集は、思想、信条、および信教に関する事項ならびに社会的差別の原因となる事項を調査することを目的としておこなってはならない。

(収集の方法)
第6条 個人情報を取得する方法は、次に定めるとおり、適正かつ公正な手段によって行うものとする。

  1. 患者さま等ならびに職員等(以下、本人という。)の申告および提供
  2. 本人との直接の問診または面談
  3. 本人の家族、保証人、知人、目撃者、救急隊員、関係者等からの提供
  4. 他の医療機関、介護施設等からの紹介状等による提供
  5. 15歳未満の方の個人情報については、診療に関して必要な事項以外は原則として保護者等から提供をうける。
  6. 管理者において必要かつ相当の理由があると認められるときは、個人情報を第三者から収集することができる。

第4章 個人情報の利用および提供

(利用の制限)
第7条 個人情報は、原則として、第5条に定められた病院業務上の目的以外に利用してはならない。

(提供の制限)
第8条

  1. 個人情報は、第三者等への提供について原則禁止とする。
    ただし、本人の同意があるとき、当該情報を他の病院・診療所並びに施設等に提供する場合で、病院業務遂行上、必要かつ相当の理由があると認められるとき、本人の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要なとき、法令等に基づく権限の行使による開示請求等があったとき、その他責任者において提供に相当の理由があると判断したときはこの限りでない。
  2. 責任者は、前項ただし書きにより個人情報を提供した場合は、これを記録しなければならない。

第5章 個人情報の適正管理

(個人情報の正確性の確保)
第9条

  1. 個人情報は、正確かつ最新の状態で管理しなければならない。
  2. 本人より、該当情報の訂正、追加、削除、利用停止等の希望を受けた場合は、責任者は、すみやかに処理しなければならない。

(個人情報の安全性の確保)
第10条

  1. 個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん、不正なアクセス等の防止に関し、責任者は必要な安全上の措置を講じなければならない。
  2. 個人情報の院外への持ち出しは原則禁止とする。やむを得ず持ち出す場合は、本人の承諾を得ることとし、個人情報管理責任者へ報告することとする。

(適正管理のための院内体制)
第11条

  1. 責任者は、この指針の適正な管理運営のために、院内に個人情報対策委員会を設置する。個人情報対策委員会に関する規程は別に定めるものとする。
  2. 責任者は、個人情報対策委員会と院内各種委員会(情報システム管理委員会、診療情報管理委員会等)との連携を図り、個人情報が院内で適正に管理されるよう院内体制整備に努めなければならない。

第6章 委託に伴う取り扱い

(委託先の措置)
第12条 個人情報の取り扱いを含む業務を病院外部に委託する場合は、当該契約において、次に定める個人情報の適正な取り扱いについて、受託者が講ずべき措置を明らかにしなければならない。

  1. 契約期間中、個人情報の保護に関して、管理が適正に行われることが明確であること。
  2. 契約終了時、個人情報の返却・消去に関して、管理が適正に行われることが明確であること。
  3. 個人情報が漏えいした場合やその他事故が発生した場合の措置、責任分担が明確であること。
  4. 再委託に関する事項

第7章 個人情報の開示請求

(自己情報開示の権利)
第13条

  1. 本人は、自己に関する個人情報について、開示の請求をすることができる。
  2. 家族や保証人より本人の個人情報の開示請求があった場合は、あらかじめ本人に確認し同意を得たうえで対応する。
  3. 本人が意識不明や認知症等で合理的な判断ができない場合に、家族や保証人より本人の個人情報の開示請求があった場合は、責任者の判断により、本人の同意なく開示を行う場合がある。
  4. 開示の結果、自己の個人情報に誤りがあると認められた場合、本人は、責任者に対し訂正を請求することができる。
  5. 責任者は、前項の請求を受けた場合は、遅滞なく、当該請求に係る事実を調査確認し、その結果について、本人に通知しなければならない。
  6. 個人情報の開示請求を行う場合、別に定める用紙(様式1)を使用する。

第8章 個人情報の廃棄

(廃棄)
第14条

  1. 利用目的の終了した個人情報に関して、責任者は、廃棄、消去など適切な処置を講じなければならない。
  2. 廃棄にあたっては、情報が漏えいしないよう努めなければならない。

第9章 個人情報の取り扱いに関する案内

(案内の表示)
第15条 この指針は、当院のホームページや院内掲示によって案内表示することとする。

第10章 苦情などへの対応

(苦情対応)
第16条

  1. 個人情報に関する苦情などは、当院の「総合受付」にて受付を行うこととする。
  2. 苦情の内容によっては、個人情報対策委員会の他、苦情対策委員会、情報システム管理委員会、診療情報管理委員会などで検討を行うこととする。

第11章 研修実習生

(研修実習生)
第17条 個人情報の取り扱いについては、当院で研修を受ける研修生は、当院の職員に準じてこの指針に添って行動することが求められる。

第12章 指針の見直し

(指針の見直し)
第18条 この指針の見直しは、個人情報対策委員会において、委員の過半数の賛成で決議し、責任者が施行を指示する。

第13章 附 則

第19条 その他の事項で、この指針に規定されていない事項については、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」(厚生労働省)に拠って対応する。

平成17年 5月19日 制定
平成22年 7月27日 改定
平成22年11月30日 改定
平成24年 4月 1日 改定